忍者ブログ

東からの放浪者

様々なソフトウェア開発を経験してきた視点から、開発、マネジメント、経済などについて書いています。
タイトルは、あるレトロゲームからのオマージュ。

ツイッターアカウントはこちら。

硬貨と紙幣のルーツの違い

「硬貨(金属で作った貨幣)より、紙の方が便利だから紙幣になった」

・・・と理解している人は、けっこう多いみたいですね。
ですが、これは間違い。

硬貨と紙幣は、まったく異なるルーツを持っています。
そして、その違いを理解することは、国家財政を理解するうえでも非常に大事。

貨幣の発行

前置きなんですが、日本の法律では硬貨のみを「貨幣」と呼ぶそうです。
ただし、本記事では、硬貨・紙幣・預金なども含めて「貨幣」と呼んでいます。

金貨・銀貨の発行

金貨や銀貨の発行は、直観的で分かりやすいと思います。
また、金貨や銀貨の発行には、シニョリッジ(通貨発行益)が発生するのが特徴です。

硬貨と紙幣のルーツ① 金貨・銀貨の発行

金属ではなくて、紙で貨幣を発行したら莫大なシニョリッジが手に入るから、
紙で発行するようにしたんじゃないの?(*'-')

いえ。実は、現代の紙幣のルーツは全く異なります。

借用証書の発行

国民経済を知ろう(信用創造)』でも書いたのですが、
現代の紙幣は、借用証書が発達したものです。

硬貨と紙幣のルーツ② 借用証書の発行

当然、シニョリッジ(通貨発行益)は発生しません。
むしろ、同額の負債を抱えることになります。

そして、この借用証書から「返済期限」「金利」という
返済負担を取り除いたものが現代の紙幣です。

硬貨と紙幣のルーツ③ 現代の紙幣発行

銀行のルーツ

以前も紹介した動画ですが、
銀行のルーツは、以下の動画で分かりやすく説明されています。


現代の貨幣

日本の現代の貨幣のルーツは、金貨・銀貨なのか?それとも借用証書なのか?

日銀の資金循環統計をみると、現金と日銀当座預金(日銀預け金)は日銀の負債として、
みなさんの預金は預金取扱機関(≒民間銀行)の負債として計上されています。

借用証書がルーツですね。

(クリックで拡大)
日本銀行:2019年第2四半期の資金循環:部門別の金融資産・負債残高(2019年6月末、兆円)
(引用:日本銀行『資金循環統計(速報)(2019年第2四半期)』より)

このことは、日銀の HP にも記載されています。

銀行券が日本銀行のバランスシートにおいて負債に計上されているのはなぜですか?
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/outline/a23.htm/

金本位制時代の経緯なども色々と書かれていますが、
要するに借用証書がルーツということです。

日本の硬貨

ちなみに、金貨・銀貨の名残がある唯一のものが硬貨です。

硬貨の発行元は日本政府ですが、硬貨を発行する度にシニョリッジ(通貨発行益)が発生し、
日本政府の税外収入として一般会計に繰り入れられています。

財務省:貨幣の製造に係る事業の概要:貨幣の製造・流通に係るフロー図
(引用:財務省『貨幣の製造に係る事業の概要』より)

ただ、硬貨も日銀に渡った時点で、日銀のバランスシートには負債として計上されるようです。
運用上は、ほぼ借用証書に近い扱いになっていますね。

今日のまとめ

  • 金貨・銀貨と紙幣のルーツは大きく異なる
  • 現代の貨幣のルーツは、借用証書である。
  • 貨幣を発行すると、会計上は、その発行主体の負債として計上される。

実は、「貨幣とは金貨・銀貨をルーツに持つものである」という前提を
未だに引きずっている知識体系が存在します。

それが経済学です。(正確には主流派経済学)

何が問題かというと、

  • 政府の財源には限界がある!増税して確保しなければいけない!
  • 政府の負債が増えている!歳出カットしないといけない!

という可笑しな論調が、まかり通ってしまうということです。

・・・いや、理論上は発行量に上限はないし!(※1)
政府の負債が増えたって返済負担はないんだし!(※2)
というか、単に貨幣発行しただけじゃん!(※3)

※1) インフレが制約になるので、事実上の上限はあります(※参考
※2) 負債が自国通貨建てであること等、いくつか条件があります(日本は全て満たしています)
※3) 正確には「国債⇔日銀当座預金⇔現金」等のプロセスを経ます(※参考

そして、最近になって、やっとその経済学にもメスが入り始めました。
・・・イングランド銀行設立から 300年。時間かかりましたな(*'-')


確かに!現代の貨幣は、金貨・銀貨とは全く異なるルーツを持っている!
と思われた方は、バナーをクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


PR

コメント

プロフィール

HN:
なかば
性別:
男性
職業:
元ソフトウェアエンジニア
自己紹介:
東京のゲーム会社でゲームプログラマ。
家電メーカーで組み込みエンジニア。
その後、京都に移動して観光を楽しみながら
製品開発、業務改善、QA管理などを経験。
今は東京に戻って暮らしています。

詳細な自己紹介は、こちら

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29