忍者ブログ

東からの放浪者

様々なソフトウェア開発を経験してきた視点から、開発、マネジメント、経済などについて書いています。
タイトルは、あるレトロゲームからのオマージュ。

ツイッターアカウントはこちら。

言葉は軽く、行動は重い

これは、『企業変革力』という本に書かれていた一文です。


企業変革力』(John P. Kotter 著)

そして、次のような文章に続きます。

コミュニケーションは、言語と行動によって進められる。
一般的に後者はきわめて強力なメッセージとなって伝わる。

当のマネージャたちは、教科書通りにメッセージを伝えた気になっていても、
実際には違ったメッセージとなって伝わっている場合があります。

私が見てきた事例を2つ紹介したいと思います。

俺はちゃんと言った

現場でよくある言い合い「言った・言わない」論争の事例です。

ある職場で、マネージャが指示を出したにもかかわらず、
うまく開発者に伝わっていなかったため、現場が混乱してしまったことがありました。

指示の出し方の問題

マネージャとしては、重要で急を要する仕事だったために、
開発者には「休日出勤も辞さない」体制で臨んでほしかったようなのです。

しかし、重要度が伝わっておらず

「急に言われても困る」
「すでに予定が入っている人はどうすればいいか?」

と、開発者から攻め込まれてしまったのです。

このマネージャの行動の問題点は、
この仕事について、定例ミーティングで一回報告しただけだった、という点です。

伝わったメッセージ

以下の点が、非常にまずい点です。

  • 繰り返し伝えなかった
  • 周知されたことを確認しなかった
  • その日の欠席者に通知をしなかった

つまり、このマネージャは自らの行動によって、
「この情報は、その程度の重要度の低い情報ですよ」と伝えてしまったのです。

君たちが主体的に行動するのを期待する

以前の記事で書いた
「マネージャが主体的に仕事をすると、開発者が主体的に仕事をしなくなる」
という教義が蔓延っていた職場での話です。

「主体的」は聞こえはいいが・・・

毎年、部署から参加者を募っていたイベントに対して、マネージャから

「今年から参加者を募ることはしません。今後は、各自が主体的に参加表明するように」

と発表がありました。

取るに足らないイベントであれば、流していたのですが、
どうみても、その部署の開発者にとっては重要なイベントだったので、
私は「これはまずい」と思いました。

伝わったメッセージ

マネージャたちは、

「このイベントに、私たちマネージャはもうコストをかけない
(このイベントはコストをかける価値がない)」

と言ってしまったのです。

今後は、いくら開発者に主体性があろうと、
他にも仕事を抱えている開発者たちの参加率は、減っていくことになるでしょう。

また、価値がない(コストをかけたくない)と言ってしまった以上、
特に若い開発者たちは参加を表明しづらくなります。

無意識の事業縮小 再び

以前、『それは無意識の事業縮小』という記事を書きましたが、
じつは、今回のマネージャの表明も事業縮小になっています。

つまり、イベントへの参加が
「部署の取り組み」から「個人の取り組み」に格下げになったのです。

イベント参加へのコストは、部署の計画には組み込まれず、
開発者個人が自分で捻出しなければいけなくなったわけです。
(これで参加率が増えたら奇跡です)

イベントやセミナーへの参加は、有用な物であれば、
そのコストは人材投資に該当します。

人材投資を減らしてしまったこの部署の生産性の伸びは、
ゆっくりと鈍化
していくと予想できます。(しかも、ゆっくりだから誰も気付かない)

つまりは、このマネージャは
「開発者の主体性を喚起するいいことをやった」
つもりが、無意識に事業縮小をし、組織の将来の生産性を削っていたのです。

今日のまとめ

  • メッセージは言葉よりも、行動や態度の方が強く伝わる
  • 重要な情報は、繰り返し伝え、周知の確認まで行う必要がある
  • どんな理由付けをしても、マネジメントコストや投資コストが下がっていれば、
    その業務は縮小されたことになる

イベント参加への自粛も、上層部からの指示だったんじゃないの?(*'-')

冒頭に紹介した『企業変革力』には、このような文があります。

人びとにあることを告げ、それと全く違った行動を取る行為は、
ビジョンのコミュニケーションを著しく阻害する。

上からの指示であれば、きちんと納得のいく説明があるべきです。

しかも、「主体性」云々を言っておいて、
自分たちは「上から言われました」は、はたして通じるでしょうか。
確かに、行動によるメッセージの方が重要だ!と思われた方は、バナーをクリック!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


PR

コメント

プロフィール

HN:
なかば
性別:
男性
職業:
元ソフトウェアエンジニア
自己紹介:
東京のゲーム会社でゲームプログラマ。
家電メーカーで組み込みエンジニア。
その後、京都に移動して観光を楽しみながら
製品開発、業務改善、QA管理などを経験。
今は東京に戻って暮らしています。

詳細な自己紹介は、こちら

ブログ紹介

管理人(なかば)の個人ブログです。

もともと、以前の職場で投稿していた社内ブログの延長で書き始めました。
エンジニア仲間に向けの雑な口調はそのままにしていますが、その辺は気にせず読んでもらえると嬉しいです(*'-')

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31