忍者ブログ

東からの放浪者

様々なソフトウェア開発を経験してきた視点から、開発、マネジメント、経済などについて書いています。
タイトルは、あるレトロゲームからのオマージュ。

ツイッターアカウントはこちら。

エンジニアが仕事で行き詰ったときの対処法

開発が上手く進まなくなったとき、立ち止まるべきか?先に進むべきか?

製品開発では、よく遭遇する悩みであり、
また、後輩からこの手の相談を受けることもありました。

ただ、この質問の回答には注意が必要です。
以下の2つのケースで、答えが大きく異なるためです。

  • エンジニア個人としての話なのか?
  • 開発プロジェクトの話なのか?

今日は、エンジニア個人のケース。

エンジニアが仕事で行き詰ったとき

答えを先に書いてしまうと、この手の相談を受けたときは
「まず、仕事を先に進めてみたら?」と答えます。

仕事のできるエンジニアの傾向

エンジニアには様々なタイプがいますが、以下の軸で分類した場合、

  • 「仕事の正確さ・丁寧さ」を優先するタイプ
  • 「仕事の速さ」を優先するタイプ

「仕事の速さ」を優先するタイプに、優秀な人が多かったと思います。

※ちなにみ、順序を優先するだけで「正確さ・丁寧さを無視する」という意味ではありません。

正確さ・丁寧さには、基準を設けづらい

私は、社会人になった当初「正確さ・丁寧さ」を優先していました。

「仕事の速さなんて、場数を踏めば付いてくるさ」と高をくくっていたのですが、
ちっとも、仕事の速さは上がりませんでした(^^;

要するに、「仕事の正確さ・丁寧さ」は基準が曖昧なので、
いつまでも仕事が先に進まないのです。

さらに、仕事が遅いので、同僚に場数で負けるようになってくる・・・( -_-)
さらに、丁寧に作ったつもりが、ソフトウェアには結局バグがある・・・( -_-)

という事態に至り、私は「仕事の速さ」を優先するようになりました。

テストを繰り返した方が品質がよくなる

これは、ソフトウェア開発特有の理由かもしれませんが、
前述したように、いくら丁寧に作り込んだところで、バグは発生するのです。

バグを減らすには、早めにテストを開始することが重要です。
仕事が遅いということは、品質を上げるチャンスを潰しているとも言えるわけです。

「仕事の正確さ・丁寧さ」を優先していた新人時代の私は、
単に自分の力を過信していただけだったわけですね( -_-)

行き詰ったときは、やり方を変えるべき

私が、後輩などから相談を受けたときによくする回答です。

行き詰っている時点で、解決方法を見い出せていないので、
少なくとも、アプローチは変える必要があります。
一番手っ取り早いのが「とりあえず仕事を先に進めてみる」という方法です。

また新人などは、単純に「不安」から仕事を先に進めていないケースがあるので、
「大丈夫だから、先に進めてみたら?」という回答は有効に働くことがあります。


仕事に行き詰っているとき、または行き詰っている人をみかけたときは、
参考にしてみてください。m(_ _)m

開発プロジェクトが行き詰ったとき

これまで書いた話は、あくまでエンジニア個人というミクロな話です。
開発プロジェクトというマクロな話では、回答が異なります。

エンジニア個人の経験を、マネージャになってからも引きずる人は結構いますが、
実は危険な行為・・・。

・・・というわけで、次回に続く。
記事を気に入っていただけた方は、クリックしていただけると励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


PR

コメント

プロフィール

HN:
なかば
性別:
男性
職業:
元ソフトウェアエンジニア
自己紹介:
東京のゲーム会社でゲームプログラマ。
家電メーカーで組み込みエンジニア。
その後、京都に移動して観光を楽しみながら
製品開発、業務改善、QA管理などを経験。
今は東京に戻って暮らしています。

詳細な自己紹介は、こちら

ブログ紹介

管理人(なかば)の個人ブログです。

もともと、以前の職場で投稿していた社内ブログの延長で書き始めました。
エンジニア仲間に向けの雑な口調はそのままにしていますが、その辺は気にせず読んでもらえると嬉しいです(*'-')

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31